<< 今日の昼食時は5月20日公演 | main | 今日は定時の日です。 >>

さくら に 覚悟を決めて欲しい もう1つの事

2014.05.28 Wednesday
0
     
    2014/05/28 13:46
     
    −−
     
    実は さくら に覚悟を決めて欲しい
    もう1つの事が有ります。
     
    本当は さくら だけでなく 48G の
    メンバー全員にですが。
     
    私は、今回の事件のケースを何度も
    頭に思い描いて、どうしたら、この
    事件を防げるのか、何度も考えました。
     
    最初に思いついたのが、
    握手会会場に空港並のセキュリティを
    かける事でした。
    空港でやってる訳なので、不可能では
    有りません。
    でも、正直、大がかりな装置が幾つも
    要るため、握手会を決まった専用の
    場所でやるしか無くなる気がしますし、
    費用が掛かり過ぎて採算が合わない
    と思います。
     
    次に思いついたのが、メンバー全員に
    今の主要メンバー並の警備員を配置
    する事でした。
    しかし、これも、メンバーの数を考えると
    警備員の人数が現実的では無いです。
     
    つまり、今の 本人確認 や、主要メンバー
    への強そうな警備員配置は、AKBの
    事を比較的良く知っていて、やっかい
    な事をしそうな人を排除して、狙われ
    そうなメンバーを重点的に守るやり方
    です。
     
    これでは、今回の様な無差別攻撃には
    何の意味も持ちません。
    つまり、今後は無差別攻撃のターゲット
    に成る想定が必要と言う事ですし、
    実際に、既にその第1回目が起こって
    しまいました。
     
    では、どうするか、ですが、
    実は、今朝、答えが見つかりました。
     
    それは、メンバー自身が
    「自分の身は、自分で守る」
    と言う意識を持ち、その為の訓練を
    有る程度受ける事です。
    また、身を守る為の道具も必要です。
    今回の様に、ノコギリに素手で
    立ち向かっても、勝ち目は有りません。
     
    訓練を受ける為の時間は有るはずです。
    握手会が全部中止に成ったので、
    その時間を使えば良いことです。
     
    場所も有るでしょう。
    握手会用に借りた場所を使えば良いです。
     
    スケジュールも押さえて有りますよね。
    握手会会場に行く予定に成ってます。
     
    あとは、それなりの警備会社と契約して
    身を守る為のすべを教えてくれる講師と
    身を守る為の道具を調達するだけです。
     
    じゃあ、これを誰に言えば良いかですが、
    尾崎さん か さっしー に提案すれば
    良いことですよね。
     
    ステージに立つために、厳しいレッスン
    に耐えてきた女の子達です。
    それに比べれば、さほど厳しい訓練では
    無いと思います。
     
    今は、警備会社にちょっとした訓練を
    受ければ、凶悪な犯人とも互角に
    戦える強力な道具が有るそうです。
     
    ちょと前に「ワールドビジネスサテライト」
    と言うニュース番組で見ました。
    その威力を見ましたが、大したものでした。
     
    小型の 強化プラスチック製の 盾です。
    40センチ×30センチくらいの大きさで、
    しっかり持つための取っ手が内側に
    2本付いていました。
     
    刃物が突き刺さると抜けなく成る仕組み
    に成っていて、犯人から凶器を取り上げる
    事が出来るみたいです。
     
    それを握手会の机の下あたりに
    隠しておけば良いと思います。
     
    勿論、きちんとした警備も運営には
    お願いして貰うのですが、
    どれだけ警備を厳しくしても、
    それをすり抜ける事は不可能では
    有りませんし、メンバーも、その不安を
    完全には拭い去る事は出来ません。
     
    でも、有る程度の事なら
     「自分で自分は守れる」
    と言う自信がつけば、
    自分も、親御さんも、安心する事が
    出来るはずです。
     
    今回の犯人、ジャンパーの下から
    折り畳み式のノコギリを出したそう
    ですが、ジャンパーから出す時間と
    折り畳んであるノコギリを組み立てる
    少しの時間が有ったはず。
     
    その時、川栄さんが、訓練を受けていて
    机の下に身を守る道具が有ったなら
    今回の事件は防げたハズです。
     
    まあ、この方法が答えの全てでは無いと
    思いますが、答えの1つには成ってると
    思います。是非検討してみて頂きたい
    ものです。
     

    |-|-|-|-|by hkt48-rino
     

    ページの先頭へ